入学前の心構え

ダンススクールへの入学を決め、手続きを終えてあとは初レッスンを待つのみですが、その間ただ黙って待っているだけではいけないのも想像に易いと思います。気構えやレッスン用品の準備ですね。

ジャンル差はあれど基本的にダンスというものは運動量がとても多く全身の筋肉をまんべんなく使うハードなスポーツと言えます。久しく運動をしていなかった人は、スクール通いが始まる日より前に身体を動かし始めてレッスンに備えましょう。怪我などを防ぐ事もそうですが、入学の時点で基礎体力があるのとないのでは大きく差が出てきます。フィジカルが強ければいろいろなダンステクニックもすぐに表現できるようになります。

なによりテクニックが上がればダンスをやっていくことが楽しくなり更に好きになっていきます。モチベーションがあがるのです。レッスン用品についてはウェアやシューズを忘れず用意しておきましょう。前述したようにダンスはスポーツです。ウェアやシューズは、レッスン中の怪我を回避できるための重要なツールなのです。スクール側で準備をしてくれるものもあるので、入会手続きの際にしっかり確認をしておきましょう。あとは通い予定の場所を見学にいくこともいいかもしれません。

実際自分が通う場所の空気に触れるのに、早くて損することはありません。新しい環境に慣れることが苦手な人には特にオススメします。場に慣れるというのはリラックスしてレッスンに取り組めることです。是非最初のハンディキャップを出来うる限りなくして、効果的な時間を過ごせるようにしましょう。

キッズダンス教室探し